まもる

暗号資産(暗号通貨)の投資をするときの注意点やリスク

暗号資産(暗号通貨、仮想通貨)に関係する案件に投資する人は周りでも増えてきましたが、注意点やリスクもあります。そこをしっかりおさえておかないと、増えるどころか大切なお金を失うだけになってしまうからです。

暗号資産とMLMは関係が深い

暗号資産に関係する案件は次から次へと新しいものも登場していますが、ネットワークビジネス(MLM)の仕組みを採用しているものも多いですね。

いままで美容化粧品などのMLMをしていた人が暗号資産に目をつけ、MLMの仕組みも採用されていることから紹介活動を熱心にするケースも多いです。

暗号資産もMLMも、それ自体に「罪」はありません。誤解されることも多いですが、MLMもねずみ講と違って違法ではありません。

暗号資産もMLMも、本来であれば、将来性のある凄い仕組みのはずなのに、仕組みを悪用して詐欺行為、詐欺に近い行為、強引な紹介活動などをする人がかなり多いため、それらに対する印象が最悪になっています。

私の場合、昔に比べてかなりマシになりましたが、それでもMLMと分かると防衛本能が働いて、まずは警戒してしまいますね(苦笑)

暗号資産×MLM

双方の悪い部分が「結託」してしまった感があります。

そのお金は余裕資金ですか?

最近、暗号資産に関係する案件の質問を受けることも多いのですが、サポートするなかで思うことがあります。

「その投資は余裕資金(余剰資金)でやっていますか?」

というのも、以下のような質問がかなり多いからです。

  • コインはいつ上場しますか?
  • 配当が急に減った!一体どうしてくれるのか
  • 聞いていた話と全然状況が違う!
  • 買ったコインが上場しないと、価値が100倍にならないと生活が厳しい
  • コイン買ったけど、全然上がらないし、このままでは生活できないので買い取ってくれませんか?
  • アプリのアップデートはいつまでですか?

一言でいえば

一喜一憂する人がかなり多いです。

もちろん、大切なお金を入れているので気になると思いますが、気にし過ぎも問題です。

投資はメンタルとの戦いです。

ネット上などの情報に踊らされて、一喜一憂してフラフラしてしまうと、すぐに足元をすくわれてしまいます(汗)

いろいろ雑音も多いと思いますが、ドンと構えて、長期目線で考えていく感じでいかないと投資で勝つことはできません。

ドンと構えて、長期目線で考えていくうえで、生活資金で投資をするのは非常に危険です。

目先の利益、お金ばかり気を取られて、冷静な判断ができなくなるからです。

投資を生活資金でやってはいけない理由投資は余剰資金で!と言われることもありますが、なぜ生活資金でやってはいけないのか。...

余裕資金とはいっても、なくなって全然問題ないお金ではありませんが、生活資金に比べると、仮に何か問題があってもリスクやダメージは少なくてすみます。

状況の変化は当たり前

投資全般にいえることですが、スケジュール通り、予想通りに進む投資は1つもないと考えたほうがいいです。

暗号資産の例えばICO案件の場合、上場までのスケジュールや事業内容計画などがセミナーやネット上などで提示されることも多いですよね。

  • ○○年○月○日に上場予定
  • コインが使えるアプリをリリース

みたいな感じでパンフレットやホワイトペーパーに記載されているのですが、1回も変更なく当初の予定通り進んだ案件を聞いたことがないです(笑)

1ヶ月、3ヶ月、1年・・と延期を繰り返し、当初の予定から大幅に遅れて上場することも珍しくありません。

延期しても上場したり、リリースしたらまだかなり良いほうで、99%はいつのまにかなくなっています(苦笑)

暗号資産に関係する案件の事業元は海外であることも多いです。

日本の常識だと考えられないと思うかもしれませんが、スケジュールの変更や延期、内容変更、名前の変更、トラブルは常につきものです。

最終的にリリースされたものの、当初の予定と比べると名前も全然違うし、内容も180度違う、もはや別の案件でしょ?と突っ込みたくなるケースも多いですね。

暗号資産に関係なく、特に海外案件の場合は日本の常識はほぼ通用しないと考えてください。

政治情勢や法律等の影響

事業内容や仕組み、運営会社、経営陣が真っ当でも、案件が頓挫してしまうこともあります。

投資の世界は政治情勢や法律の影響を受けやすいからです。

この記事を書いている時点(2020年2月)では、中国の武漢から始まったとされる武漢肺炎(新型コロナウイルス)が流行していて、世界的に大きな影響が出ています。

米国は中国全土への渡航禁止、英国も中国に滞在している国民に退避勧告を出しました。

中国でも大型連休の春節が終わっても、会社に出勤できない、そもそも外出するのが難しい状況も続いているようです。

もし暗号資産関係の会社が中国の香港や上海などにあっても、仕事できない可能性が高く、すでに影響が出ているケースもあります。

ウイルス問題に限らず、当局による規制、暗号資産に関係する法律の改正などで活動が厳しくなるケースもあります。

事業内容や経営陣が優秀でも、国によって都合が悪いと判断されたら当局から潰されることもありえます。

このように、「絶対に安心」は投資の世界には存在しません。

他に考えられるリスク

詐欺行為をしたり嘘を言いまくる人もいるので、それらに引っかからないように注意する必要もあります。

詐欺や嘘を見抜くポイントは別で解説しているので、そちらを参考にしてみてください。

暗号資産(暗号通貨)の投資案件の詐欺や嘘を見抜く方法暗号資産(暗号通貨や仮想通貨と呼ばれることも多い)の投資案件の詐欺や嘘を見抜く方法をお伝えします。...

投資全般のよくあるQ&Aについても解説しているので、参考にしてみてくださいね。

資産運用(投資)全般のよくあるQ&A資産運用(投資や投機)全般のよくあるQ&Aを備忘録風にまとめました。...

まとめ

人から聞いたり、ネット上などで

気になる暗号資産(暗号通貨)関係の案件があったら、

確認ポイント

・詐欺や嘘を見抜くポイントの確認

・状況の変化は当たり前であること

・政治情勢や法律等の影響も受けやすいこと

・そのお金は生活資金ではなく余裕資金か

これらのポイントを事前に確認してみてください。

もちろん暗号資産に関係なく、投資全般にいえる内容なので、株式や債券、不動産、FX、投資信託などに興味がある、実際にされている場合も、ぜひ参考になればうれしいです。

最新記事はこちら