コラム・ニュース

かなと(KANATO)の自己紹介ストーリー【お金・時間はなぜ重要か】

はじめまして!

かなと(KANATO)と申します。

この記事で分かること
  • かなと(KANATO)とは誰なのか
  • かなと(KANATO)の経歴
  • 一体何をしているのか
  • お金・時間はなぜ重要か
  • ネット上でビジネスネームを使う理由

最初から最後まで読んでいただくと、もちろん嬉しいですが、かなり長くなってしまったので、興味のある部分を少しずつ読んでみてください。

まずは箇条書きでプロフィール紹介

  • 1989年に誕生
  • 中学受験に失敗
  • 中学でいじめにあう
  • 高校受験合格
  • 高校1年のときに、とある理由で部活を退部
  • 大学へ進学
  • 大学3年生から公務員試験の勉強を始める
  • 公務員試験、民間企業の就職活動に失敗
  • 大学院を受験して、進学
  • 大学時代の勉強不足を痛感し、真面目に勉強
  • 就職活動に「再挑戦」、2社から内定もらう
  • 就職のため東京へ
  • 就職後、3ヶ月でうつ病になり退職、人生のどん底を味わう
  • インターネットビジネスを始める
  • コンサルティングや塾に入るも100万円の詐欺にあう
  • 塾そのものは詐欺だったが、そこで大切な仲間にあう
  • ビジネスを始めて2年後に月収10万、20万円稼げるようになる
  • ビジネスを始めて4年後に最高月収200万円達成
  • 一時的にお金が増えたことで「調子に乗って」しまう
  • 暗号資産などの投資、ネットワークビジネスで200万円以上溶かす
  • 月収ゼロ円に逆戻り、しばらく収入がない日々を過ごす
  • 仕事の受注などもあって回復へ
  • 大失敗をもとにお金の考え方、金融リテラシーの重要性を痛感
  • 周りの大切な人へ伝える活動を開始(いまここ)

かなりザックリした感じですが、私、かなと(KANATO)のヒストリー(歴史)はこんな感じです。

なかには、さらにすごい壮絶な人生を歩まれている方もいらっしゃると思いますし、「おれは、こんなに大変な経験してきたんだぞ〜?」みたいなことは全く言うつもりはありませんし、考えていません。

まだアラサーなので、人生の先輩方から「それくらいで偉そうに言ってんじゃねーよ」とお叱りを受けそうです。

人それぞれ様々な考え方や意見があると思いますが、こんな人間もいるのか、こんな考え方もあるのかと、お手柔らかにみてもらえると助かります。

ネットと金融を選んでビジネスや投資をする理由

なぜネットと金融を選んだのか

わずか3ヶ月で会社を辞めてから、インターネットを使ったビジネスや投資、金融の勉強を続けていますが、なぜ「ネットと金融」の分野を選んだのか。

これには理由があります。

結論から申し上げると

  • お金を稼ぐため
  • 余裕をつくるため

です!

もう少し詳しく述べると

  • お金を稼ぐ(経済的自由、経済的余裕)
  • 時間的余裕
  • 精神的余裕
  • 肉体的余裕

これらを作るため。

お金を稼ぐためだけなら、インターネットビジネスに限らず会社員として働いたらいいじゃないか・・と思われるかもしれません。

ただし、自分の場合は、うつ病になり、わずか3ヶ月で会社を辞めてしまったこともあり、すぐに会社員として「復帰」するのは難しい事情もありました。

そうはいっても、生活するためには、食べていくためには「お金を稼ぐ」必要があります。

そのうえで、

  • 何時に起きても怒られない
  • 通勤しなくていい(在宅勤務)
  • ネットで完結する仕事をしたい
  • 大嫌いな上司とかと関わりたくない(苦笑)
  • いつでも、どこでも仕事できる環境がいい

会社員の方から「考えが甘い!」等と批判されそうですが、このような環境や仕組みを本気で作りたかった!だからこそ、世間で当たり前、普通といわれていることとは違うことをしないといけない!と思いました。

お金を稼げても、余裕がない人はたくさんいる

会社員に限った話ではありませんが、バリバリ働いてお金もいっぱい稼ぐ人もたくさんいます。

ただし、

  • 「時間がない」が口癖
  • 家事や育児などで常に忙しい
  • 共働きで、お互い多忙で、会話がなくなっていく
  • すれ違いで不満が少しずつたまる
  • マズイと思ったときには手遅れ
  • お金はあるけど家庭環境が最悪
  • 家族と過ごす時間がほとんどない

 

このようなケースも周りにたくさんあります。

それらを聞くたびに、もちろんお金も大事ですが、それと同じくらい「余裕」も大事だなと考えさせられます。

世の中には

朝から晩まで働いて、家事や育児もして、自分の時間はもちろん寝る時間さえ少ない状態で月収20万円のAさんもいれば、

あまり働かず、基本的に午前中に仕事は終了、午後は趣味などに時間を使い、海外旅行にも頻繁に行っている月収1000万円のBさんもいるわけです。

このAさんとBさんの差、違いは何なのか!

Aさんは一生懸命働いているのに月収20万円ほど、Bさんも、そのような仕組みを作るまでには、想像を絶する経験や仕事をしてきたと思いますが、それでも実働時間はAさんよりはるかに少ないのに月収は何倍、何百倍以上・・

これがずーっと不思議でした。

これは「金融という仕組みを使っているか、使っていないか」が関係しています。

私たちが生活している社会は資本主義です。

郷に入っては郷に従えという言葉もある通り、

資本主義がこれからも続く限り、資本主義の概要や仕組み、お金の考え方や稼ぎ方などを学ぶ必要があります。

ただし、不思議なことに、自分たちが生活する社会の仕組みを学ぶ機会が、子どもの頃から、社会人になってからも、全くといっていほどありません。

むしろ、資本主義やお金のことを学ぼうとすると

  • そんなこと勉強しなくていい
  • お金はやらしい、汚いものだ
  • 働かざる者食うべからず!そんなこと考える暇があったら働け
  • 不労所得はセコい、全部詐欺だ

などと嫌悪感を出され、叩かれることも少なくない。

これってかなり不思議だと思いませんか?

ここに気づいたとき、

やっぱり

自分はもちろん、自分の周りの大切な人のためにも、

ネットと金融は今後も一生学び続けないとダメだ!と思いました。

ただ一生懸命頑張れば、生活が豊かになるわけではないんですよね。

  • なぜ全然生活は楽にならないのに「○○景気」超えで景気回復!みたいな状態になるのか
  • ウイルス騒動で個人や中小企業は大変なのに、株価は上昇するのか
  • お金持ちと、そうでない人の差、違いは何なのか
  • ア○ノミクスで資産を増やした人、そうでない人の違いは?

現状に疑問を持ち、このようなニュースにも興味を持ってみましょう。

幸せになるために必要なもの

幸せになるには何が必要ですか?

様々な考え方があると思いますが、「一番大切なのはお金、そして、それと同じくらい余裕を持つこと」だと考えます。

なかには

  • いや、一番大切なのは愛だ
  • 愛さえあれば、お金がなくてもやっていける
  • 地位や名誉が大事だ

などといった意見もあると思います。

ただし、資本主義の世の中で生きる以上、お金は必須です!

お金があれば

  • 好きなものを食べられる
  • 好きな場所や家に住める
  • 国内や海外旅行に行ける
  • 子どもの教育も可能性が広がる
  • 家事代行など「外注」できるので、自分たちの時間ができる
  • 「来月の支払いどうしよう」「ローン払えるかな」といった不安や焦りから解放されるので、心身ともに余裕ができ、冷静に判断、行動できるようになる

 

一方で、お金がないと

  • 好きなものを食べられない
  • 住める場所や家も制限される
  • 旅行にいけない、遊べない
  • 子どもの教育費が払えない
  • 自分で何もかもする必要があり、時間と余裕がなくなる
  • 常にお金の不安に支配される

お金があれば人生の選択肢、幅は広がるし、なければ狭くなってしまい、心身ともに余裕がなくなります。

人生のトラブルの90%以上はお金が絡んでいるといっても過言ではありません。

例えば離婚も、確かに性格の不一致などの理由も挙げられますが、実は隠れ蓑になっているだけで、お金が一番の原因だった・・なんてことも珍しくないですね。

ネットと金融を学ぶ

私自身がネットと金融に関係する仕事を選んでいるのも、本当の意味での自由や余裕が欲しいからです。

ネットでできる仕事があると

  • 何時に起きても文句言われない
  • 何時に寝ても文句言われない
  • 好きなタイミングで仕事ができる
  • パソコンやスマホ、ネット環境があれば、国内だけでなく海外も含めて、いつでも、どこでも仕事ができる
  • 通勤する必要がない(満員電車や人混みの回避)
  • 自分が仕事しない時、寝ている時も収益を生み出してくれる
  • 「労働時間は半分になったが、収入は倍になった」といったことも珍しくない
  • 時間の融通が効くので、家族が風邪ひいた、救急で病院搬送された、入院したといったトラブルが発生しても、臨機応変に対応できる
  • 体調不良、家族の体調不良などでトラブルが発生して全く仕事ができなくなっても、自動で収益を生み出してくれる
  • 時間や心身ともに余裕がうまれ、冷静に判断できる
  • やりたいことに時間を使える
  • 既存のビジネスで収益を生み出しながら、別のビジネスのことを考える、取り組む時間や余裕ができるので、さらに収入が増える
  • 生活のために仕方なく・・ではなく本気で自分の想いをもってビジネスができる

 

信じられないかもしれませんが、このような状況を作ることができます。

個人的には通勤する必要がなく、満員電車や人混みを回避できるのはかなり大きいです。

学生時代、制服を着て部活や勉強道具を背負いながら朝の満員電車に毎日乗っていたときは、本当にキツかった。

貧血になって、目の前が真っ白になり、途中の乗り換え駅で降りて、ベンチで休憩したことも何度もあります。

通勤したくない、満員電車に乗りたくないから、独立してビジネスを始めたといっても過言ではないですね。

ネットや金融のことを知って学ぶまでは

「お金を稼ぐには会社に通勤して、一生懸命仕事して、残業代で稼ぐしかない」と本気で思っていました。

ただし、今は、以前そのように考えていた、それしか考えられなかった状況こそヤバいなと危機感を持っています。

誤解してほしくないのは、

たとえいま、あなたが「お金を稼ぐには会社に通勤して、一生懸命仕事して、残業代で稼ぐしかない」と思っていたとしても、悪いのはあなたではありません。

そもそも、そのように考えるように世の中は「仕組み化」されてしまっているからです。

金融やお金のことは危ない、怖いと思い込んでいるのもそのためです。

それっておかしくない?と疑問を持って、実際に行動してはじめて、脱却へのスタート地点に立ったことになります。

このブログで出会い、いまこれを読んで頂いているあなたには、ぜひネットや金融のことを学んでもらって、ビジネスや投資の仕組み化をするメリット、大切さを知ってほしいなと思います。

自分自身、まだまだですし、さらに高みを目指していきます!

インターネットビジネスを知ったきっかけ

ここから、さきほど箇条書きで紹介したプロフィール紹介の一部を深堀りしていこうと思います。

全てエピソード、ドラマがあるのですが、ひとつひとつ全部紹介すると、とんでもない量になってしまうので、

『インターネットビジネスを始める』

このあたりから、少し話をします。

ブログや他の媒体でとりあげることもあるかもしれませんが、学生時代のエピソード、退職時のエピソード、うつから回復するまでのエピソードなど、他の部分に興味がありましたら、直接聞いてください♫

さて、

さきほども申し上げた通り、当時は「お金を稼ぐには会社に通勤して、一生懸命仕事して、残業代で稼ぐしかない」と本気で思っていました。

その時に出会ったのが、インターネットビジネスという手法でした。

Kさんや「秒速で稼ぐYさん」などの情報がネット上でも話題になり、彼らのメールマガジンを読み始めます。

なかには20歳、高校生で月収1000万円、1億円稼ぐ人もいて、自分の頭の中はパニックになりました(笑)

20歳、高校生で月収1000万円、1億?

  • 高級時計や高級外車
  • 高級ホテルに高級ランチやディナー
  • オールインクルーシブのような場所で優雅に生活

そのような生活に憧れるかどうかは別にして、

  • 一体どこにそんなお金あるの?
  • 中高生や20代前半でなぜそんなに稼げるの?
  • 収入源は何なの?

 

このように「?」しか思い浮かびませんでした。

  • 高級時計や高級外車はレンタルで一時的に借りているだけかもしれない
  • 高級ホテルに高級ランチやディナーも、その人自身の暮らしかどうか怪しい
  • SNSやブログで「演じている」だけでは?
  • たとえその時はお金あっても、実際はかなり無理しているのでは?

このように疑問視することもあります。

ただし、全部何から何まで怪しいと思い始めたらキリはありません。

※もちろん、実態はなく高級な暮らしを演じているケースもあります。詐欺師とかに多いですね(苦笑)

本当かどうか分からないけど、

まずは話を聞かないと分からない、いろいろ聞いてみないと分からないということで、様々な人のセミナーや勉強会に参加しました。

セミナーや勉強会の運営者とは縁がなかったとしても、参加者同士で仲良くなる、つながるケースや可能性もあるからです。

そこで知り合った人の「無料相談」にひかれ、これは受けるしかないと思いました。

今から思えば、うまい仕組みになってるよな〜って感じですが、当時の自分は全然何も知らない状態でした・・・

その人が事務所として借りているタワーマンションに行くこともあれば、ル○ワールのようなカフェで話をしたこともあります。

そして無料相談を経て、30万円、50万円といった塾やコンサルティングサービスに入会。

「よし、これで人生変わる!」
「詐欺だったらやばいな」

などと半信半疑でしたが、塾やコンサルティングサービスで展開されているコンテンツ(内容)を勉強することに・・

  • 100ページ以上と思われるコンテンツ
  • 定期的なビジネス合宿
  • 塾生同士の交流会、勉強会

などもあり、最初は「やっぱりすごいかもしれない」と思っていました。

ただし、その後学べな学ぶほど「違和感」を感じるようになります。

  • 教科書やGoogle検索等で調べられるマーケティング用語の紹介のみ
  • 自己アフィリエイト以外コンテンツがない
  • 中身がない「自分の商材」を定期的に塾生に購入させる
  • サポートがない
  • 個人コンサルティングなど、参加前に言われていた特典がない
  • 塾生のノウハウを、本人の同意なく自分のノウハウや手柄として他人に紹介

 

これらが続くなかで

  • やっぱり変だ、本当に教える気があるのか
  • 全く中身がないのに月2万円の授業料も払い続けるのか

といった疑問や不安は大きくなり、「退会」を決意。

自分自身はあまり大きいトラブルにはならず、退会できましたが、なかには塾の支払いなど金銭面でトラブルになり、訴訟寸前までいった人もいました。

実際に学べたのは

ビジネスの基礎やマーケティング用語の基本くらいで、約100万円がパーになり、多くの場合は「あー、終わった・・」と思うかもしれませんが、自分はそうは思わなかった。

なにしろ、100万円、パーになったことが悔しくて、

ふざけんじゃね〜!絶対に100万円以上の結果出してやる、詐欺塾やコンサルティング運営者を見返してやると思いましたね。

ただ、なによりも大きかったのは「仲間」の存在でした。

詐欺塾で出会った仲間とは、その後も度々、一緒に勉強やビジネスをするようになり、仕事だけでなくプライベートでも一緒に飲んだり、遊びに行ったり・・と、多くのことを学ばせてもらっています!

詐欺塾という場所がなかったら、出会っていなかったと思うので、その点だけ感謝していますね(苦笑)

たとえ詐欺にあっても、全て損かと言われたら、そうでもないかもしれないということを、身をもって学ぶことができたのは、結果的に良かったです。

ビジネスや投資は種まきと一緒!

詐欺塾やコンサルティングは高い勉強代を払ったと割り切るようにして、それから、毎日無心にブログを書き続けます。

もちろん最初は全然稼げません。

全然稼げない時は、何度も「やっぱり辞めよう」と思いました。

1日10時間、12時間働いても、月収ゼロ、100円とかザラで、

「一体自分は何のために仕事してるのか、これならコンビニでアルバイトするほうが、よっぽど効率的じゃないか」

などと自問自答しました。

それでも

「いまは種まきの時期だ!種をまき、毎日水やりして世話をしないと意味がない!一瞬で花が咲くわけがない、咲いたとしてもすぐ枯れたら意味ない。おまえなら絶対に結果出せるから、いまは我慢の時期」

と言われたことを信じた。

まあ、そうはいっても、内心

「はあ?何が種まきだ、ふざけんな、それで結果出たら誰も苦労しねーわ」などと、すっごく生意気なことを考えて、ひねくれた時期もありましたが、諦めなくてよかったです(苦笑)

その後は仲間の励ましもあって、

インターネットビジネスという手法の存在を知ってから約2年後、

月収10万円、20万円と、「会社員の初任給」ほど稼げるようになり、なんとか「自分はこれで飯を食べてます」と言えるレベルに。

そして4年後には最高月収200万円を達成!

遊びも旅行も、学生時代の人脈とかも一切横に置いて、やってきたこともあり、その時の「成功体験」は自分にとって、かなり自信になりました。

お金の考え方や金融リテラシーの重要性を痛感した経験

『勝って兜の緒を締めよ』

という言葉があります。

その後私は、文字通り、この言葉が身に染みる経験をします(苦笑)

ひとことでいえば

調子に乗りましたww

今から思えば全然そんなことはないのに、1日10時間以上ブログを書き、受験勉強のように過ごしてきて、結果を出せた反動もあったのか、「自分はお金持ってるぜ」みたいな感覚になってしまったのです。

ちょうどその当時は暗号資産(仮想通貨、暗号通貨とも呼ばれる)の投資がブームだったこともあり、様々な案件が流れてきました。

  • 他人から紹介される案件に投資しまくる(今から思えばポンジスキームなど詐欺案件だった)
  • 今までやったことがないネットワークビジネス(MLM)に参入

これらを中心に約200万円を投じ、結果的に溶けることになります。

何もせず楽に稼げる魔法はないと、身をもって経験して学んだはずなのに、どこかで気の緩み、油断があったのかもしれません。

幸い、全財産を突っ込んだわけではなく、再始動する余力は少し残っていて、税金もなんとか払ったので良かったですが、もし調子に乗って全部突っ込んでいたら・・と思うとゾッとします。

詳しくはこの記事の終盤で紹介している参考記事で書いていますが、

  • お金の考え方
  • 金融(マネー)リテラシー
  • 基本的な投資の判断基準

 

これらがごっそりない状態で投資してしまったんですよね。

そりゃ〜、お金増えるわけ無いでしょ・・といった感じです。

もともと

  • なぜ日本人はお金の話をタブー視するのか
  • 資本主義やお金のことを学ぼうとすると「働かざる者食うべからず!そんなこと考える暇があったら働け」となるのか
  • なぜ「不労所得はセコい、全部詐欺だ」と考えてしまうのか
  • 私たちが生活している社会は資本主義なのに、なぜ資本主義を学ぶ機会がないのか
  • なぜ全然生活は楽にならないのに「○○景気」超えで景気回復!みたいな状態になるのか
  • 個人や中小企業は大変なのに、なぜ株価は上昇するのか

このような疑問を持っていたこと、

そして、お金の大失敗を経験したことで、

ますます「金融の実践や勉強の重要性」を痛感!

ただ一生懸命頑張れば、生活が豊かになるわけではないんですよね。

自分はもちろん、自分の周りの大切な人のためにも、

ネットと金融は今後も一生学び続けないとダメだ!と思いました。

本当に大事な資産とは

「幸せになるために必要なもの」の部分で説明した通り、幸せになるためにはお金が大事です!

そのうえで、最も大事なものはお金ではありません。

はあ?言ってることが矛盾してるぞ!と思われるかもしれません。

もちろんお金は大事です!

ただし、お金に執着しすぎたり、取り扱いを間違えると「大やけど」を負い、人生を狂わせてしまうリスクもあります。

お金を持っている人がお金持ちなのではなく、お金を増やせる人がお金持ちです。

そして、お金よりも大切なもの、本当に大事な資産とは何か気づく、学ぶためにもお金を稼ぐ必要があると思います。

本当に大事な資産とは何か。

・健康
・信用
・信頼
・人脈

もちろん他にもたくさんあると思いますが、おもにこの4つかなと思います。

お金がいっぱいあっても健康じゃないと意味がない。

そして、お金がなくて健康じゃないのも危ない。

健康は病気にならないこと、なっていない状態と思われるかもしれませんが、心身や時間に余裕を持たせることも健康のためには必要だと思います。

具体的に何か病気になっていなくても、心身ともに、時間的にも余裕がなく、じわじわ追い詰められていくケースも少なくありません。

肉体的に病気にならなかったとしても、精神的な病気(うつなど)にかかってしまうリスクは誰しもあります。

そうならないためにも、健康の維持向上のためにも、お金は必要です。

  • ジムやプールに通う
  • ランニングやウォーキングをする
  • ジムやプール、ランニングなどに必要なウェアや靴を用意する
  • 食品添加物などができるかぎり入っていない食材を買う
  • ジャンクフードをなるべく避ける
  • オーガニックのものを選ぶ

 

もちろんお金をかけずにできることもたくさんありますが、お金をかけることで便利になったり、選択の幅が広がるのは事実です。

会社経営者ほどジムやトライアスロンなどの運動をされているケース多いですが、身体は資本なので、健康をかなり意識されているのだと思います。

・・とえらそうなことをいいつつ、自分自身デスクワークになりがちなので、定期的な運動が課題です(苦笑)

健康の維持向上によって

  • 仕事仲間や友達と遊ぶ
  • 国内や海外旅行に行く
  • 家族と休日にでかける
  • 子どもと一緒にスポーツをする、遊ぶ

といったことも可能になります。

通勤電車などで下を向いて絶望感を漂わせた会社員の方をみると、確かに病気をせず健康そうにみえても、心身ともに余裕がない、常にお金の不安に駆られている状態の人も多い。

そして新型ウイルス騒動のような有事、非常事態が発生すると、人生に悲観してしまう人が多くなる。

電車の人身事故、自●率の多さなどのニュースを見ると悲しくなるし、自分自身もかなり考えさせられます。

精神的余裕、肉体的余裕、時間的余裕を作り、健康でいるためにもお金を稼ぐことから無視してはいけません。

そして、

信用、信頼をコツコツ積み重ねていく!

そうすると、自分がいざ大変な状態になったとき

  • 大丈夫か?相談乗るから遠慮せずに言え
  • 仕事ある?食べられてる?ないなら任せたい仕事あるよ

などと、あなたを助けてくれる人は必ず出てきます。

貯金も大事ですが、必要最低限のお金を貯めたら、次は貯健、貯信へ本格的に舵を切っていきたいですね。

まとめ

・時間がない
・お金がない
・もう年だから無理
・今から新しいことに挑戦するなんて無理だ

このように、できない理由や言い訳ばかりしていても時間が無駄に過ぎていくだけです。

アリババグループ創業者のジャック・マー(馬雲)氏も、「貧乏マインド」という内容で説明していますが、

貧乏マインド

何か無料プレゼントしたら、「これは罠だ」と非難する。

「小額投資で大丈夫」というと「じゃあ儲からないじゃん」と文句を言う。

「多額の投資が必要」というと「そんな金ない」と文句たらたら。

「新しいことに挑戦しよう」と誘うと「経験がないから無理!」と諦める。

「伝統的なビジネスだよ」というと「じゃあ成功しないね」と却下される。

「新しいビジネスモデル」というと「ああ、MLMか」と決めつける。

「店を経営してみたら?」というと「自由がなくなる」と主張。

「起業してみたら?」というと「プロじゃないから無理」と受け入れない。

ほとんどの人はこんな感じです。

ここから脱却できるかどうかが、まずは大きなポイントだと思っています。

『失敗したらどうするの?』

失敗してもいいです。

むしろ最初から全てうまくいく人なんて存在しません。失敗して、たとえお金を失う形になったとしても、また稼げばいいです。

失敗を何度も重ねることで、自分自身の血肉となっていきます。

ただし、再チャレンジする余力は常に残しておく必要があります。万一何かあったとき、再チャレンジする余力がないと、やり直すこともできなくなってしまうからです。

いまの年齢や環境がどんな状況でも関係ありません。

自分はもう60歳だからと言われることもありますが、人生100年時代といわれる時代なので、100歳まで生きるとしたら、まだ40年もあります。

投資は若いうちからコツコツでしょ?じゃあ自分は40代、50代、60代以上だから関係ない・・

関係ないことは全くありません。

もちろん年代によって向き不向きなどは、投資に限らずなんでもありますが、だからといって「やってはいけない」といった決まりはありません。

40代、50代、60代以上だからこそ持っている武器もあれば、できることもあります。

仮に自分が取り組まない場合でも、自分の子どもや孫、身の回りの大切な若い人たちに伝えていく、彼らに資産形成してもらうこともできます。

これは自分自身への戒めでもありますが、できない理由を探すのではなく、どうやったらできるのか、自分や自分の周りの大切な人のためにも考えていきたいですね。

私はスターウォーズが大好きなのですが、

エピソード5『帝国の逆襲』で登場するヨーダの台詞はいつも考えさせられます。

スターウォーズ名言

Try not. Do or do not. There is ‘no try’.

やってみるのではない

やるか、やらぬかだ

試しなどない

ジェダイマスターであるヨーダが、半信半疑でジェダイの訓練を受けるルーク・スカイウォーカーに対して言った言葉です。

やらないと何も変わらない
やると変わるかもしれない

といった考え方はすごく大事ですね。

余裕を作るため、健康や信頼、信用を積み上げるためにもお金を稼ぐ。

・・・

・・・

・・・

かなり長くなりましたが、まだまだ全体のごく一部で、話足りないことだらけですが、ひとまず、ここまでにします(笑)

ここの自己紹介記事も、今後も更新していこうと思うので、定期的にのぞいてもらえると嬉しいです♫

では、今後もよろしくお願い申し上げます。

補足:かなと(KANATO)として活動する理由

このブログではビジネスネームを使用しています。

なぜか。

それは・・・

自分や大切な家族を守るためです。

当ブログやSNS上では、お金の考え方、マネー(金融)リテラシーを高める情報を発信しています。

もちろん、怪しい情報を流したり、詐欺行為は行っていませんが、まだまだ「お金」と聞いただけで、

・怪しい
・詐欺
・信用できない
・情弱狩り
・きたない、卑怯だ

などとネガティブな感情を持たれることも少なくありません。

中身を全く確認しないまま、お金やそれに関する言葉を聞いただけで、ネガティブ感情が湧き上がり、袋叩きにするケースも残念ながらあります。

最近では芸能人などをターゲットにしたネット上での誹謗中傷、それによる悪影響、悲しい事件も話題になりました。

自分だけに矛先が向かうならまだしも、家族など周りの大切な人に危害が及んでしまうのは避けなければなりません。

そういった理由もあり、ネット上ではビジネスネームを使っています。

何か怪しい商品を売りたいからビジネスネームを使っているとかではありませんのでご安心ください。

参考・補足記事

なぜ「お金の考え方」を学ぶ必要があるのかお金の考え方や金融リテラシーを発信していますが、そもそも、なぜこれらを学ぶ必要があるのか。今回はこの部分を改めて解説したいと思います。...
お金の考え方を伝える活動を行う理由!損しないためには?私、かなと(KANATO)自身が、ネット上やリアルの場で、なぜ「お金の考え方を伝える活動」を始めたのか、行っているのか。金融リテラシーの...
最新記事はこちら
error: Content is protected !!