考え方

リスク分散の重要性〜極端に考えすぎていませんか?

副業や投資に興味を持ち、実際に取り組む人も増えています。

副業や投資といっても様々な手段があり、投資も株や債券、不動産、FX、暗号資産(暗号通貨)などいろいろあります。

私自身もいろいろやっていて、コミュニティと呼べるものに参加したり、セミナーや勉強会に行って、他の方と交流することもあります。

そのようななかで、最近思ったのは、

  • 極端に考えすぎ
  • 1つの案件に依存、こだわりすぎ
  • リスク分散の重要性

です。

自分の関わるもの以外は興味なし?

例えば、あなたが

暗号資産関係のAという投資をしていたとします。

Aに関係するLINEグループ、メールマガジン、ZOOMなどを使ったオンラインセミナー、東京などで開催されるリアルセミナーに参加して、日々情報収集をすると思います。

そのようななか、

もし、あなたのリーダー等から「Bの案件もあるよ」などと紹介されたらどう思うでしょうか。

Aに関する情報共有をZOOMでします〜と事前に言われて、実際に参加したらBの案件の説明だった・・もし、こんなことが起こったら?

  • Aの案件を紹介されたのに別の案件を紹介するってどういうこと?
  • Aはもうどうでもいいの?それともヤバいの?
  • Aの内容を聞きたいのに話が違いますよね!?
  • 詐欺案件を紹介する気か?

状況にもよりますが、自分が関わっていない別の話、興味ない話を言われると拒否感を示すケースもあるかもしれません。

実際に私も参加したことがあるオンライン勉強会で、リスク分散の意味で、主催者が別の案件の説明を始めたところ、

参加者が激減し、コメント欄でも「話が違いますよね」「詐欺案件の紹介ですか?」などと炎上したことがあります。

もちろん、きちんとした説明がないのに、あれもこれも次から次へと紹介するのは適切ではありません!

この人はただ案件を紹介して、紹介報酬欲しいだけなのかな、案件のことを実は全然知らないのでは?などと疑心暗鬼を招くだけです。

ただし、別の案件を紹介しただけで、猛烈に拒否感を示すのは、極端に考えすぎです。

というのも、リスク分散の観点から、1つの案件に依存する、こだわるのは危険だからです。

その案件が厳しくなったらどうしますか?

ある案件を始めたら、しばらくの間、その案件に集中して取り組むのも大切です。

あれもこれも・・となると全部中途半端になるから。

ただし、いつまでも1つに依存するのもリスクが高いです。

もしその案件が飛ぶなどして扱えなくなったらどうしますか?

いやいや、暗号通貨のハイプやポンジスキームと呼ばれる詐欺案件と違って、○○の案件は「カタイ」から問題ありませんよ!

このように言われることもあるかもしれませんが、世の中に絶対はありません。

案件そのものが問題なくても、法規制の強化、法改正などで扱いたくても扱えない事態になるケースもあるからです。

例えば暗号資産(暗号通貨)の事例だと、2020年に改正資金決済法、改正金融商品取引法が施行される予定です。

暗号資産(暗号通貨、仮想通貨とも呼ばれる)の交換業や取引等に対する規制が強化され、暗号資産に関係する案件の紹介活動も一切できなくなる可能性もあります。

そうなると、今まで暗号資産の投資案件の紹介で報酬を得ていた人は、報酬がゼロになる可能性もあり、別の手段を探さなくてはいけません。

案件そのものが全く問題なかったとしても、国規模の法改正で規制強化されたら、どうしようもありません。

暗号資産関係の投資に関わらず、このようなリスクはあるものと考えて取り組む必要があります。

じゃあ、どうするのか

今自分が取り組んでいるもの、これから取り組むもの、いま興味があるもの、これから紹介されるものや聞くもの・・どれでも、「もしかしたら突然ダメになるかもしれない」と思って取り組むことをおすすめします。

投資に限らず、どんなに「カタイ」と言われるものがあったとしても、世の中には絶対はありません。

暗号資産の投資をしている場合は、暗号資産だけでなく、FXや株式、債券なども含めて、幅広く運用を検討する。

これからはデジタル通貨の時代だ!暗号資産の時代だ!と言われていますが、将来的にそうなっていったとしても、現状、日本国内で生活するためには日本円が必要です。

BTCやETH、XRP、USDT、USDAなどのデジタルトークンが1億円分あったとしても、日本円の総資産が1万円しかなければ生活するのは非常に難しいです。

そのため、

  • 日本円が発生する投資
  • 暗号資産が発生する投資

これらに分けて運用するのもいいと思います。

  • 日本円が発生する投資:株式、債券、不動産、FX
  • 暗号資産が発生する投資:BTCやアルトコイン運用、デジタル銀行

といった感じですね。

数ある投資の中で自分は何に取り組むべきか。

これは、自分自身の考え方や経済状況、とれるリスクの大きさ、環境などによって変化するので一概にはいえません。

リスクとリターンの考え方などもブログでは説明していこうと思いますが、今回の記事で大切なのは

  • 極端に考えすぎない
  • 1つに依存せずリスク分散を意識しましょう。
  • 「自分に関係ない」からと完全に情報遮断しないようにする

ということです。

卵は1つのかごに盛ってはいけません。

最初は全く興味がない情報だったとしても、「自分に関係ないから〜」と避けたり拒否せず、柔軟に興味を持ってみて情報収集するのも必要です。

最新記事はこちら