まもる

節税対策で経費を増やすのが良いとは限らない理由

節税をするために経費を増やそうと考える人も多いと思います。ただし、ただ増やせばいいわけではありません。確かに意味ある支出ならいいですが、そうでない場合は無駄遣いになってしまう可能性があります。

あなたの払う税金はどのくらい?

個人事業主、会社経営者はもちろん、最近では副業をする会社員(サラリーマン)もいて、確定申告をする人も増えているように感じます。

1年間で確定した所得に対して様々な税金が発生し、翌年の社会保険料の金額が決まっていきますね。

所得税の場合、個人は累進課税制度のため、稼げば稼ぐほど税率は高くなり、最大で45%の税率がかかります。住民税の10%を加えると、単純計算で最大で半分以上税金でもっていかれるわけなので、うわ〜!ってなりますよね(汗)

会社員の場合は「額面の金額−給与所得控除−各種控除=所得」です。個人事業主や法人経営と違って、基本は会社が経費処理してくれますし、税金や社会保険料も天引きです。

節税至上主義の落とし穴

「節税するために車や不動産、保険を買いましょう」

このように税理士などからアドバイスされることもあるかもしれません。

そもそも、なぜ節税するために経費を増やせと言われるのか。

収入から必要経費を差し引いたものが課税所得です。

会社員の場合も、仕事でしか着ないスーツや、仕事で必要な語学力を鍛えるために自腹で通った英会話スクール代の一部を、給与所得控除後の所得からさらに引くことができます。

特定支出といいますが、職務に必要なものと会社が証明する必要があり、認められなければ経費になりません。認められても全額経費になるわけではないので注意しましょう。

必要経費が増えれば増えるほど課税所得が下がって税金も下がるため、「節税するために経費を増やす」となるわけです。

じゃあ、節税するために経費を使いまくったらいいじゃないか!と思われるかもしれません。

※もちろん仕事に関係ない支出は経費になりません。仕事に全然関係ないのに、プライベートの遊び代なども経費計上すると、それは脱税になるので注意してください!

合法的に経費をふやして節税になったとしても、支出そのものが増えていることには変わりがありません。

税金を払って終わりではなく、毎日の食費や教育費、趣味や娯楽、その他の出費も発生します。

  • 税金を意識して、いっぱい経費使ったけど、手元に全然お金が残らなかった。
  • タイムラグが発生する社会保険料を払うお金がない。
  • 無駄なものを買わず、税金を払っていたほうが手元に残るお金は多かった。

このような声も多く聞きます。

節税のために車やパソコンを購入する場合でも、すでに2台も3台もあって全然使わないのにまた買う、普段全然乗らないのに車を買って維持費が毎月出ていく・・

節税しているつもりが単なる無駄遣いになってしまう、資金繰りが悪化して借金しなければ回らない・・なんてことになると本末転倒です。

自由に使えるお金への意識

「税金はできる限り納めたくない」などと過度に感情的になり、通常通り納税するよりもお金がなくなってしまっては元も子もありません。

極端な話かもしれませんが、累進課税制度の最高限度で、半分税金でもっていかれたとしても半分は残ってるわけです。

経費を増やすためにとにかく備品を買いまくろう・・

経費倒れ、黒字倒産では本末転倒です。

自由に使えるお金(可処分所得)を増やすにはどうすればいいのか。

これは永遠の課題といっても過言ではありませんが、意識していきたいですね。

通常通り納税し、納税後のお金を使って、投資にお金を回すなどの対策もしていきたいところです。

最新記事はこちら